ロックンロールの基礎を「ジョニー・B.グッド」から学ぶ!吹奏楽ファンよ、ロックを聴こう(No.13)チャック・ベリー(Chuck Berry)

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分 39 秒です。

三度の飯よりロック好き、Wind Band Press梅本です。

このコラムでは主に洋ロックを主食とする梅本が、吹奏楽ファンや吹奏楽部の学生の皆様に「これを聴いてくれ!」と激オシしたいロックバンドやCD、曲などを紹介していきます。

特に吹奏楽ではポップスやロックの曲をアレンジした作品を演奏する機会も多いと思いますが、クラシックや吹奏楽ばかりを聴いていてはいつまでたっても「なんかポップス感がないなあ」という演奏になりかねません。

ロックやポップスを演奏する際には原曲を聴くのが一番ですが、日ごろからロックやポップス、はたまたジャズなど、様々なジャンルの音楽に触れて、色々なことを吸収し、フィーリングを自分のものにしていただければ幸いです。


さて今回は昨年亡くなったロックンロール・レジェンドの一人「チャック・ベリー(Chuck Berry)」を取り上げます。

思わず身体が動いてしまうような印象的なギター・リフを使ったそのスタイルは、あのジョン・レノンをはじめ、多くのミュージシャンやバンドが影響を受けました。

ロックンロールは誰が始めたのか?と問われれば、誰、と言うことは出来ませんが、現在までの影響を考えると、回答としては「チャック・ベリーが最も影響を与えた」といえるのではないでしょうか。

今日は、多くのバンドがカヴァーし、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の中でも演奏シーンがある代表曲のひとつ「ジョニー・B.グッド」を聴いていただきます。

とりあえずこれを聴けば「ロックンロール!」っていうのが少しわかるのではないかと思います。

ぜひ独特のグルーヴと初期ロックンロールの楽しさを感じてみて下さい。

▼チャック・ベリーがブルース・スプリングスティーンと共演したライヴ映像

いくつかカヴァーも見てみましょう。あふれんばかりの愛!それぞれに味があります。

▼映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の演奏シーン

▼コールドプレイ&マイケル・J・フォックス

▼ジューダス・プリースト

▼ジミ・ヘンドリックス

▼内田裕也

▼グリーン・デイ

▼レッド・ホット・チリ・ペッパーズ

▼ボンジョヴィ

▼モーターヘッド

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア