ラリー・クラーク(Larry Clark)追っかけてる?特に初級バンドはチェックを忘れずに!

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分 40 秒です。

larry-clary-profile

アメリカの作曲家で、出版社カール・フィッシャー(Carl Fischer Music)の副社長(Vice President)および編集主任(Editor-in-Chief)も務めているラリー・クラーク(Larry Clark)。

日本では「ニュー・ウィンド・レパートリー」で「ゾディアック」「デジタル・プリズム」が取り上げられたり2016年の中部日本吹奏楽コンクールの課題曲「アドヴァンス・マーチ」の編曲者としても名前が出ているので、名前くらいは聴いたことがあるよ、という方も多いかもしれません。

グレード0.5(1/2)からグレード5まで幅広く作曲できる職人ですが、特にグレード0.5~2の作品が多いので、初級バンドはぜひともチェックしておきたい作曲家です。

また彼のサイト内では「Minute Clinic」というブログもあり、その名の通りクリニック的な内容の投稿があります。こちらもぜひチェックしてみてください。今年はまだ投稿がないですが、何か新しい投稿があれば折を見て紹介してみたいと思います。

他にもYou Tubeチャンネルも持っているので、こちらはぜひブックマークしておきましょう。

それでは2016年の出版作品を紹介してみましょう。(出版はカール・フィッシャー(Carl Fischer Music)です:詳細はこちらからどうぞ

Oath of Honor(Grade .0.5)

Cloud Dancing(Grade 1)

Crystalline(Grade 1.5)

Normal March(Harold Bennett)(Grade 2)

The Legend of Taum Sauk(Grade 2.5)

Celtic Echoes(Grade 3)

Forever Climbing(Grade 3.5)

Mr. Bartow March(Grade 3.5)

ほかにも2016年はアンサンブル作品「Quintet No. 1 for Winds」が出版されています。

この作品の音源はラリー・クラークのサイトで聴くことが出来ます。(他の作品も聴けます)

以上、今日は初級バンドの頼もしい味方、ラリー・クラーク氏の最近の作品をご紹介してみました。

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア