CDレビュー:名曲をシンプルにサラリと聴かせる見事な音楽性とテクニック!金子亜未(オーボエ)「Voyage」

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分 55 秒です。

フォンテック様から11/8発売のCD、オーボエ奏者 金子亜未氏の「Voyage」が届きましたので、簡単にレビューしてみようと思います。

まず一音目からハッとさせられるのはそのサウンドの明るさでしょうか。世界に対してオープンな感じというか、余計な気負いが感じられない心地よさがあります。

ピアノの田島ゆみさんの伴奏は作品の輪郭をより際立たせているかのようで、二人で「この曲ステキでしょう」と語りかけてくるようです。

シンプルに聴かせてくれるのでこちらもシンプルに楽しめます。

サラリと聴かせてくれるだけの音楽性とテクニックを存分に味わえる一枚です。

選曲も名曲揃いなので学生から大人まで幅広く楽しめるのではないかと思います。

(僕は相変わらずシューマンの「3つのロマンス」が好きなんだなあと実感しました)

 


レビュー:梅本周平(Wind Band Press)

CDは「WBP Plus!」でも販売中です!


商品詳細は以下の通り。

▼メーカーより

金子亜未は東京芸術大学音楽学部器楽科管楽器専攻を首席で卒業。安宅賞、アカンサス音楽賞、三菱地所賞を受賞。2011年、第28回日本管打楽器コンクール・オーボエ部門で第1位、第10回国際オーボエコンクール軽井沢第2位を受賞。若くして札幌交響楽団の首席奏者として活躍し、2017年1月からは新日本フィルハーモニー交響楽団の首席奏者に就任、現在も多くの聴衆を魅了しています。

記念すべきソロ・デビューアルバムとなる本作は、オーボエの王道をゆく珠玉の名曲が並んでいます。

金子の伸びやかで屈託のない演奏は、ストレートにこれら名曲の魅力を私たちに届けてくれます。田島のピアノも、金子のたおやかな音色を見事に支え、本作をより聴き応えのあるものにしています。

この先、多くの素晴らしい演奏を私たちに届けてくれるだろう金子亜未の、演奏家としての永い旅路のスタートとして、是非本作をお楽しみください。

品番:FOCD9760
定価:¥2,800+税

演奏:
金子亜未:オーボエ
田島ゆみ:ピアノ

収録内容:

プーランク:オーボエとピアノのためのソナタ FP185

シューマン:

アダージョとアレグロ 変イ長調 Op.70

3つのロマンス Op.94

ブリテン:

オヴィディウスによる6つの変容

2つの昆虫の商品

サン=サーンス:オーボエ・ソナタ ニ長調 Op.166

収録:2017 年1 月11-13 日 神奈川県相模湖交流センター

CDは「WBP Plus!」でも販売中です!

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア