吹奏楽ファンよ、ロックを聴こう(No.9)ロックバラードはボンジョヴィ(Bon Jovi)とエアロスミス(Aerosmith)に学べ

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分 22 秒です。

三度の飯よりロック好き、Wind Band Press梅本です。

このコラムでは主に洋ロックを主食とする梅本が、吹奏楽ファンや吹奏楽部の学生の皆様に「これを聴いてくれ!」と激オシしたいロックバンドやCD、曲などを紹介していきます。

特に吹奏楽ではポップスやロックの曲をアレンジした作品を演奏する機会も多いと思いますが、クラシックや吹奏楽ばかりを聴いていてはいつまでたっても「なんかポップス感がないなあ」という演奏になりかねません。

ロックやポップスを演奏する際には原曲を聴くのが一番ですが、日ごろからロックやポップス、はたまたジャズなど、様々なジャンルの音楽に触れて、色々なことを吸収し、フィーリングを自分のものにしていただければ幸いです。


さて今回はアメリカの大人気バンド「ボンジョヴィ(Bon Jovi)」「エアロスミス(Aerosmith)」を一気に取り上げます。

とはいってもそれぞれのバンド、どこを切ってもボンジョヴィ、どこを切ってもエアロスミス、という感じではありますが、実は色々なスタイルに挑戦している、懐の深いバンドなのであります。

その辺りが人気の理由かもしれませんね。ファンを飽きさせず、急激な方向転換でファンが離れることもなく、むしろファンを増やしていくというか。

グランジブームの時にはハードロックバンドは軒並み淘汰されていった感じですが、それまで派手なハードロック(商業ロックとも非難されていたそうです)をやっていたボンジョヴィなんかは、「負けるかど根性」で「キープ・ザ・フェイス」という、それまでの路線よりもダークながらしっかりボンジョヴィしているという名盤を出し、グランジブームの中でもやっていけることを証明したのでした。ずっと日本では大人気のバンドですよね。

エアロスミスは70年代にデビューしたバンドで、「アルマゲドン」のアレでお馴染みですね。

デビュー当初は「イギリスのローリング・ストーンズへのアメリカからの回答」なんて言う人もいたそうです。初期はかなりロッキンしてますが、人気絶頂の中、薬物問題などが起こりバンドから2人が脱退。しばし低迷します。

ところが仲直りして(笑)オリジナルメンバーで再結成後の1986年、Run-D.M.C.が「ウォーク・ディス・ウェイ」をカバーし、大ヒット。PVにはエアロスミスも参加し、このPVはMTVでも沢山流れました。

これをきっかけに音楽シーンの最前線に復活したエアロスミスはその後さらにヒット作を連発。多くのバラードも生まれます。

そんな2つのバンド、様々な側面がありますが、今日は「ロックバラード」にスポットを当ててみたいと思います。

吹奏楽でもポップスやロックのバラードを演奏する機会があると思いますが、吹奏楽よりも少ない人数(5人)で、吹奏楽よりもスケールの大きいバラードを演奏できるこの2つの偉大なバンドから学ぶことは多いでしょう。

どれも素敵でカッコイイ作品なのですが、本日は下記の作品を紹介。是非聴いてみて下さい。聴けばわかる。

▼Bon Jovi – Bed Of Roses

▼Aerosmith – Angel

どちらのバンドもベスト盤がいくつか出ているので、上記の曲が収録されているベスト盤を探して買えば問題なし。

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア