アメリカの指揮者・作曲家エリカ・スヴァニュー氏(Erika Svanoe)の紹介と最新情報

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分 13 秒です。

アメリカの指揮者・作曲家、エリカ・スヴァニュー氏(Erika Svanoe)とコンタクトが取れましたので、彼女について紹介してみます。

まずはバイオグラフィーから。

エリカ・スヴァニュー博士は指揮者、作曲家、教育者であり、現在はミネソタ州ミネアポリスのアウグスブルク大学でアウグスブルク・コンサート・バンドの音楽監督を務めています。

アウグスブルクの教員になる前は、ミネソタ州のベミジー州立大学のバンドの音楽監督、ニューハンプシャー大学バンドのアシスタントディレクターでした。 2007年には、アメリカ空軍ヘリテージ・オブ・アメリカ・バンドの民間人のゲスト指揮者としてフィーチャーされました。

彼女は新しく革新的な音楽を積極的に支持しており、アンドリュー・ボイセン、アダム・ボル、平林朝子、マット・サンダースの作品を委嘱・演奏し、ジョー・バーグステイラーやダグラス・モンローなどのアーティストと仕事をしています。

彼女はオハイオ州立大学の指揮科で音楽芸術の博士号を取得し、のオハイオ州立大学Collegiate Winds(OSU Collegiate Winds)の指揮者、オハイオ州立大学ウィンド・シンフォニー(OSU Wind Symphony)とシンフォニック・バンドの副指揮者を務めました。

彼女はまた、オクラホマ州立大学の吹奏楽指揮でMaster of Musicの修士号を、ウィスコンシン大学オークレア大学で音楽教育学士号を取得しています。彼女の主要な指揮の教師には、ラッセル・ミケルソン、Joseph Missal、Hilary Apfelstadt、Marshall Haddockなどがいます。

指揮やアンサンブルの指導に加え、大学レベルでのクラリネット、オーケストレーション、吹奏楽研究、音楽理論、音楽教育、音楽鑑賞のインストラクターを務めました。彼女は2003年以来、ニューイングランドと五大湖地域で審査員やクリニシャンとしても活動しています。

指揮台にも教室にもいないとき、スヴァニュー博士は吹奏楽と室内楽のアンサンブルのために作曲を行っています。 「The Haunted Carousel」は2014年のNBA Young Band Composition Contestで優勝し、ミッドウェスト・クリニックとCBDNA南部カンファレンスでフィーチャーされました。

以上、バイオグラフィーです。

主に指揮者としての活動が多いようですね。

比較的最新の情報としては、「Steampunk Suite」が、2017年のAmerican Bandmasters Association National Conferenceでフィーチャーされ、米国議会議事堂でアメリカ海兵隊バンドによって演奏されました。(まだYou Tubeには動画などはないようです)

上述の「The Haunted Carousel」の参考音源があったのでそれをご紹介します。

▼The Haunted Carousel

以上、簡単ですがエリカ・スヴァニュー氏のご紹介でした。

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア