アンサンブル作品を探しているならアルマンド・ギドーニ(Armando Ghidoni)に注目してみよう

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分 4 秒です。

photo-arm

イタリアにルーツをもつフランスの作曲家アルマンド・ギドーニ(Armando Ghidoni)。

ナントにあるオリヴィエ・メシアン音楽学校の名誉会長も務める彼の室内楽を中心とした作品の数々は、多くのコンペティションで課題曲に採用されたり、作曲賞を受賞していたりします。

またサクソフォーンに特化した第12回ピカルディ・ヨーロピアン音楽コンクールは、「アルマンド・ギドーニ・コンペティション」として彼に捧げられ、フランスのLencloitreの市立音楽学校のホールには彼の名が冠されています。

そんな素晴らしい功績を残しているギドーニの作品を1989年から出版しているのが、有名なアルフォンス・ルデュック社(Alphonse Leduc)です。

今日はAlphonse Leducから送られてきた、彼の作品を紹介してみます。

「新しいアンサンブル作品に取り組みたい」という方で彼のことを知らなかった方は、ぜひチェックしてみてください。

今回ルデュックから紹介された彼の作品は以下の7作品ですが、カタログもこちらから見ることが出来ます。

BADALUK CONCERTO for Flute, Oboe, Clarinet Bb, Horn and Bassoon
(全米フルート協会2006年新作コンペティションにおいて佳作)

第1楽章(MP3)

 

CLASSICAL FUGUE GOES JAZZ for Flute, Clarinet Bb or Saxophone Eb and Piano

(MONTI/ arr. GHIDONI) CZARDAS for 4 Saxophones

ETOILE INCONNUE for Flute, Clarinet Clarinet Bb or Saxophone Eb and Piano or Harp

MAGIC MUSIC PLANET for 4 Saxophones

SWINGING COUNTERPOINT for Flute, Clarinet, Horn and Bassoon
(全米フルート協会2015年新作コンペティション優勝作品)

YELLOW GREEN for 4 Clarinets

いかがでしたでしょうか?新しい世界が広がるのはいつも楽しいものです。

日本ではあまり名前を聞かない方だと思うので、この機会に取り上げてみてはいかがでしょうか。

(ソロ作品もたくさんあるのでYou Tubeなどで探してみてください

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア