吹奏楽ファンよ、ロックを聴こう(No.4)ストラトヴァリウス(Stratovarius)

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分 58 秒です。

三度の飯よりロック好き、Wind Band Press梅本です。

このコラムでは主に洋ロックを主食とする梅本が、吹奏楽ファンや吹奏楽部の学生の皆様に「これを聴いてくれ!」と激オシしたいロックバンドやCD、曲などを紹介していきます。

特に吹奏楽ではポップスやロックの曲をアレンジした作品を演奏する機会も多いと思いますが、クラシックや吹奏楽ばかりを聴いていてはいつまでたっても「なんかポップス感がないなあ」という演奏になりかねません。

ロックやポップスを演奏する際には原曲を聴くのが一番ですが、日ごろからロックやポップス、はたまたジャズなど、様々なジャンルの音楽に触れて、色々なことを吸収し、フィーリングを自分のものにしていただければ幸いです。


さて今回はフィンランドのメタルバンド「ストラトヴァリウス(Stratovarius)」を取り上げます。

ピストルズ、ニルヴァーナ、レディオヘッドときていきなりメタルに吹っ飛ぶわけですが、北欧メタルと言えば様式美!クラシカル!というイメージがありまして、おそらくクラシック愛好家の方にもメタラーは多いのではないでしょうか。

僕も高校時代から吹奏楽を始めたわけですが授業の合間にはニルヴァーナなどと同じくらいにメタルも聴いてました。

特に好きだったバンドの一つが今回ご紹介するストラトヴァリウスです。

なんといってもギターのティモ・トルキ(マツコ・デラックスに似てる)のギターが速いの!

パワーメタルに分類されるメタルバンドなので激しめなのですが、メタルならではの様式美はしっかりありますので、是非形式を堅持したうえでどこまで個性を出してはみ出せるか、というチャレンジの参考にしてみてください。(なるのかな?)

代表曲のライブ映像があったのでそちらをご紹介します。

Stratovarius – Black Diamond (”Raumanmeri”, Rauma 24.06.2004)

Stratovarius – Hunting High and Low (”Raumanmeri”, Rauma 24.06.2004)

オフィシャルPVもあったので1つ貼っておきます。マツコ・デラックスに似ている(と僕が思っている)ティモ・トルキがライブよりもよく見えると思います。

Stratovarius – Eagleheart [HD] (official video)

▼関連商品

【送料無料】 Stratovarius ストラトバリウス / Best Of 輸入盤 【CD】

価格:2,420円
(2017/7/18 12:04時点)

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア