【過去記事紹介】クラシック・ミュージック販促会議2016/7/6の記事「時々プロフィールを修正しよう」

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分 41 秒です。

Startup Stock Photos
こんにちは。Wind Band Press編集長の梅本です。

この記事は、
主にネットでの販促コンサルタントも行っている私が
以前書いていたブログ

「クラシック・ミュージック販促会議」
(現在は時間が取れないので更新していません)

の記事の中から、今でも応用できそうな記事を抜き出したものです。

必ずしもすべての記事が今の考えと全く同じというわけでもないのですが、

「こういう考え方もあるよね」という感じで昔の自分を見ています。

ちょくちょくと紹介していきますのでぜひご覧ください。

ブログそのものはまだ残っていますのでご興味のある方は直接でもどうぞご訪問ください。

→クラシック・ミュージック販促会議


公式サイト、SNSアカウントなど、

色々なところで個人や団体のプロフィールを記載することがあると思います。

このプロフィール、時々見直して修正をするようにしましょう。

細かければ細かいほど良いと思いますが、

ポイントとして押さえておきたいのは下記のあたりでしょうか。

・出身地、または団体の母体や結成された場所

・構成人数など、どんな人がいるのか(団体の場合)

・主な活動地域(本拠地)

・ミッションは何か

・特徴は何か

・何を伝えるための活動をしているのか

・これまでの主な活動実績

・今後の目標

順番はなんでもいいと思いますが、

「どこの誰」ってのがわからないと興味の対象外になってしまうので、

メインの活動地域はちゃんと記載しておきたいですね。

公式サイトであればトップページのタイトルタグにも地名を入れるなどしておきましょう。

例)○○管弦楽団 | ○○県○○市

公式サイトなど文字数制限がない場合は、

経歴や沿革のようなものもしっかりと記載したほうが良いでしょう。

個人の方であれば履歴書や職務経歴書みたいなものです。

わかりやすく箇条書きでも良いですし、語りでも良いです。

それも個性だと思いますので。

大事なのは文章の形式ではなくて、伝わったかどうかなので、

そのあたりに気を付けて「この文章で伝わってるかな?」

と時折チェックされることをオススメします。


元記事はこちら

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア