アクロス・ランチタイムコンサートvol.55 QUARTET MADE IN FUKUSHIMA (2016年12月12日)

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分 47 秒です。

FUKUSHIMA クレジット不要

FUKUSHIMAから異色のカルテットが登場!!

福島出身者で結成された、トランペットとピアノだけの非常に珍しいカルテットが登場!!
ジャズからクラシック、昭和歌謡まで名曲の数々をお届けします。

日時:2016年12月12日(月) 12:00

会場:福岡シンフォニーホール

出演:
– Trumpet ——
阿部一樹(シアターオーケストラトーキョー、横浜シンフォニエッタ)
川田修一(東京藝術大学管弦楽研究部、非常勤講師)
佐藤秀徳(大友良英スペシャルビッグバンド、東京金管五重奏団、横浜シンフォニエッタ)

– Piano ——
大野真由子(東京藝術大学管楽器科非常勤講師、聖徳大学演奏学科講師)

曲目:
ロンバーグ:ラヴァー・カム・バック・トゥ・ミー
モーツァルト:アヴェ・ヴェルム・コルプス K.618
佐藤守廣:ねがい
いずみたく:見上げてごらん夜の星を ほか

入場料:1,000円(全席指定)

チケット発売日:9月25日(日)

チケット取扱・お問い合わせ:アクロス福岡チケットセンター TEL:092-725-9112

 

QUARTET MADE IN FUKUSHIMA プロフィール

国内の音楽シーンで活躍する福島出身のトランペット奏者と、ピアニストで結成されたアンサンブル・グループ。
“ふるさとへの感謝”、“音楽文化の更なる発展”、“こどもたちへ夢を”というテーマを掲げ、東日本大震災の爪痕が今もなお残る故郷のために精力的な活動を展開している。
「四季の風コンサート」、「こぐま座コンサート」など福島県内で開催される多数のコンサートに出演。
2013年には、トランペット3名が所属していた郡山ジュニアフィルハーモニーオーケストラの定期演奏会にゲスト出演。
2015年には震災後、建替えられた郡山市中央公民館多目的ホールの?落しを飾り、好評を博した。
また、福島県内の小中学生のためのスクール・コンサートなど精力的に演奏活動をおこなっている。
レパートリーはバロックから歌謡曲まで数十曲に及び、中でも多くのオリジナル・アレンジは、親しみやすく且つトランペットとピアノの魅力を存分に盛り込んだ内容で注目を集めている。
2015年、結成5周年を記念して、ファースト・アルバム「QUARTET MADE IN FUKUSHIMA」をリリース。発売記念コンサートを、東京・福島で開催し大きな反響を呼んだ。

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア