スティーヴン・メリロの交響曲第4番「Lightfall」が初演された。吹奏楽バージョンも作られる・・・かも?そのほか近況まとめ

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分 20 秒です。

Fc4t4dL3

「ゴッドスピード!」などで知られる作曲家スティーヴン・メリロ。

最近はあまり吹奏楽作品は書いていないようですが、2016年に交響曲第4番「Lightfall」が初演されたそうです。これは管弦楽曲ですが、吹奏楽団からの委嘱があれば吹奏楽バージョンも作ることができるそうで、バンドを探しているんだそう。

管弦楽版のスコアはこちら。(直接PDFに飛ばします)

興味のあるバンドは是非委嘱を!

また2016年の6月には70分におよぶ映画音楽(The Unwilling)が完成しています。

The Unwillingに関する情報は下記。

3分間の抜粋(SoundCloud)

メリロの作業場?貴重な作曲風景(You Tube)

「The Unwilling」のCD 

「The Unwilling」をiTunesで

そのほか、「SON of the STORM」という2時間のオペラ作品が8/12にリリースされたとのこと。(これもSoundCloudで抜粋を聴くことが出来ます。)

また現在、80分におよぶ吹奏楽のための新作を披露する機会を待っているようです。これが一体何なのかはまだ不明。おそらく演奏するバンドを探しているのでは・・・。

後日また詳しい情報が入り次第、お伝えします。

いくつかの作品についてはSoundCloudで聴くことが出来ます。


ウェイト・オブ・ザ・ワールド ~スティーヴン・メリロ作品集 オランダ王国海軍軍楽隊 Wait of the World【吹奏楽 CD】

価格:2,680円
(2016/8/22 10:37時点)

スティーブン・メリロ作品集(Yahoo!ショッピング)

 

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

No Responses