アメリカの吹奏楽ラジオ番組兼インターネット番組「Wind & Rhythm」Episode432は「ロマン主義(ロマン派)」特集

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分 3 秒です。

アメリカの吹奏楽ラジオ番組兼インターネット番組「Wind & Rhythm」。

Episode432は「The Romantics」と題した「ロマン主義(ロマン派)」特集。

ロマン主義とは、18世紀末にヨーロッパで生まれた芸術的、文学的、知的、音楽的ムーヴメントを指します。

このムーヴメントは、理性よりも主観や感情を重視した一連の運動で、特に自然の崇高な美しさへの強い感情を強調していました。

音楽の分野で言えば「ロマン派」であり古典派の構造的制約に対をなすものです。

内容は以下の通り。

Wind & Rhythmは週1回の番組で、インターネットでも聴けるので吹奏楽ファンはぜひチェックしておこう。(こちらから過去の回も聴けます

今回のプログラム視聴はこちらの再生ボタンをクリック。

Oberon
Carl Maria Von Weber
US Army Field Band, Colonel Jack H. Grogan

Kinderszenen for Brass Quintet
Schumann/Brandon Ridenour
Canadian Brass

Pavane
Maurice Ravel, arr. Johan de Meij
Philhamonic Winds Osakan and others, Johan de Meij

Paganini Variations for Brass Band and Organ
Philip Wilby/Wilby, Philip
Black Dyke Band, Nicholas Childs

Gymnopedie No.1
Satie/Satie arr. Renton
Grimethorpe Colliery Band, Frank Renton

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る