受講料無料!沢野源裕氏が伝授!ポップス・ジャズを格好よく聴かせるメソッド(2017/5/27 銀座山野楽器 仙台店 )

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分 52 秒です。

・ポップスステージで格好よく吹きたい!
・楽譜通りに吹いてもジャズっぽくならないのはなぜ?
・クラシックとジャズの吹き方の違いとは、いったい何?!

ビッグバンド・ジャズ経験者はもちろん、吹奏楽団に所属される方もOK!

ジャズトランペッター沢野源裕氏がポップス、ジャズ特有の吹き方を徹底解説いたします!

前半はポップス、ジャズの発音の仕方やクラシックの発音との違いなど、基礎的な解説を中心に。

後半は有名なフレーズを実際に吹いてみよう!など、盛りだくさんな内容です!


日時:2017年5月27日(土) 15:30~17:30 (受付15:00~)

会場:銀座山野楽器 仙台店 8Fイベントスペース

受講料:無料 ※要予約
ご予約承り中です。お電話もしくは店頭にて承ります。
TEL:022-797-1028

※ご自身の楽器を持参のうえご参加ください。
※折りたたみ式譜面台をお持ちの方はご持参ください。
※詳しくはスタッフまでお問い合わせください。


沢野源裕(さわの もとひろ)

仙台出身在住の作・編曲家、トランペッター。バークリー音楽大学にてトランペットを Lin Viviano氏、Ken Cervenka氏、Charly Lewis Jr.氏に、作・編曲を Greg Hopkins氏、Dick Lowell氏に師事。

同音楽大学のジャズコンポジション科で音楽学士を修得し卒業。

「森寿男とブルーコーツ」、「羽毛田耕士ビッグバンド」、「C.U.G. Jazz Orchestra」などに参加。

現在は「東京ブラスアートオーケストラ」、「白石暎樹とサウンドスペース」などにてトランペットプレイヤーまたは作曲家・アレンジャーとして活躍中。

今までに、リシャール・ガリアーノ、ミッシェル・ポルタル、ルー・タバキン、ジェイ・トーマス、デイヴィッド・マシューズ、井上信平、深井克則、小濱安浩、池田篤、近藤和彦、岡崎正典、伊勢秀一郎、木幡光邦、岡崎好郎、安カ川大樹、UoU、平麻美子、などほか多数のミュージシャンと共演。

現在は氏が主宰を務める「MS-LE(Motohiro Sawano Large Ensemble)」をメインにさまざまな演奏活動も行なっている。

氏独自の研究により提唱している金管楽器奏法を基本としながらさまざまな音楽についての教授と実演で数十名の門下生を指導しているほか東北大学N.F.J.O.、Accomplish Styleなどのジャズオーケストラ、仙台市立工業高校ブラスバンド部などを指導している。

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア