日本初演あり!指揮者の今西正和氏がブラスバンドに初登場!京都ブラスバンドレギュラーコンサート2017(20176/25:文化パルク城陽プラムホール)

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分 21 秒です。

本場イギリスのブラスバンドと同様にプロ・アマ混合のブラスバンド、京都ブラスバンドのレギュラーコンサートが開催される。

公演詳細は以下の通り。


公演名:京都ブラスバンドレギュラーコンサート2017

日時:2017年6月25日(日) 13:30開場/14時開演

場所:文化パルク城陽プラムホール(近鉄京都線「寺田」駅下車、徒歩約5分)

入場料:1000円(小学生以下無料)

指揮:今西正和(ウィンドカンパニーオーケストラ常任指揮者)

主なプログラム

Music of the Spheres / Philip Sparke

The Mist / Ben Hollings ※日本初演

Carnival of Venice / Harry James版 / Cornet Solo 南原 希望

Euphonism / Philip Sparke / Euphonium Duo 金 英哲&黒田 円

Fanfare in Iubilo / Thomas Doss

The Last Night of Fall / Etienne Crausaz

公演に関するお問合せ先
メール kbb@d-concert.net
電話 080-6125-1028 (金)


指揮者:今西正和 プロフィール
京都市生まれ。京都産業大学経営学部卒業。ウクライナ国立キエフ・チャイコフスキー音楽院で指揮を学び、ルーマニア国立ブカレスト音楽大学指揮マスタークラスにてディプロマを取得。指揮を小林研一郎氏、ヨルマ・パヌラ氏に師事。2001年劇団四季ミュージカルオーケストラの指揮者オーディションに合格、『ライオン・キング』、『クレイジー・フォー・ユー』、『異国の丘』等、同劇団を代表する公演を指揮する。2004年~2006年、東京佼成ウインドオーケストラ副指揮者に就任。故岩城宏之氏のラストレコーディングのアシスタントや、年間50回にわたる学校公演等を指揮し、研鑽を重ねる。
2006年、第1回ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー国際指揮者コンクール審査員特別賞受賞。これまでにソフィア放送交響楽団、ブルガリア国立ルセ管弦楽団、ブルガリア国立ブルガス歌劇場管弦楽団、スロヴァキア国立コシツェ交響楽団、ルーマニア放送交響楽団をはじめ、主に東欧のオーケストラへ客演。
2013年よりウインドカンパニーオーケストラ常任指揮者。現在、兵庫教育大学、同大学院、京都女子大学非常勤講師。


京都ブラスバンド プロフィール
京都市内で活動する2015年に誕生した英国式ブラスバンド。本場英国のバンドがそうであるように、プロ・アマ・学生が混合で楽しめるアマチュアバンドを目指しています。バンド及び個人が最高な音楽体験と技術向上のため、一流のアーティストをトレーナーや指揮者として迎えて活動の充実を図っており、関西圏外や海外アーティストの特別レッスンも積極的に取り入れています。メンバー構成は10代~70代と幅広く、ブランクの長い方からプロとして活動している方まで多種多様な人材が集まっています。英国式ブラスバンドの普及と地域社会への文化的貢献を視野に入れて、主催公演のみならず各種依頼演奏も積極的に受けながら活動しています。

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア