【過去記事紹介】クラシック・ミュージック販促会議2016/2/19の記事「演奏家・演奏団体の公式サイトのチェック(5)トップページはあまり見られていない?アクセス解析をしよう」

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分 30 秒です。

Startup Stock Photos
こんにちは。Wind Band Press編集長の梅本です。

この記事は、
主にネットでの販促コンサルタントも行っている私が
以前書いていたブログ

「クラシック・ミュージック販促会議」
(現在は時間が取れないので更新していません)

の記事の中から、今でも応用できそうな記事を抜き出したものです。

必ずしもすべての記事が今の考えと全く同じというわけでもないのですが、

「こういう考え方もあるよね」という感じで昔の自分を見ています。

ちょくちょくと紹介していきますのでぜひご覧ください。

ブログそのものはまだ残っていますのでご興味のある方は直接でもどうぞご訪問ください。

→クラシック・ミュージック販促会議


公式サイトのチェックも第5回に入りました。

今日は外見だけじゃなくて中身も見ようね、という話です。

皆さんのサイトも特にトップページには力を入れられているかと思います。

それは決して間違いのではないと思うのですが、

色々と調べてみますと、

近年はトップページのPV(ページビュー)はだいたいサイト全体のPVの10%未満、

というところが多いようです。

ニュースサイトなんかは特にその傾向が強いでしょう。

団体の公式サイトなんかだと20%くらいはあるかもしれません。

逆に言えば、それくらいしかありません。

トップページ以外のページが全体のPVの8割を占めている、

ということですね。

なので、アクセスを上げるためには、

トップページだけに力を入れていてもなかなか上がらないということです。

どれだけコンテンツを増やせるか、内容を充実させるか、

というのが重要になってくるでしょう。

流入経路などを見るとおそらく

ブックマークではなく検索エンジンからのほうが多いでしょうから、

そういった対策も必要になってきます。

何はともあれ、状況はサイトごとにバラバラなので、

まずはgoogle アナリティクスでも使って、

アクセスの中身を把握しておきましょう。

ブログに導入する場合はプラグインがあったりするのでそれぞれ検索してみてください。

アクセス解析の結果、場合によっては、

過去の演奏会の宣伝ページなんかもそのまま残しておいた方が良いかもしれません。

そのページがたくさんPVを稼いでいる場合とか。

離脱率が高いページは、どうしたら離脱を少なくできるか考える必要が出てくるかもしれません。

特に自分のサイトでチケット販売をしている場合、

次回演奏会のお知らせなどのページから、

どのくらいチケット販売のページに移っているかなどは重要だったりします。

そのページに外部リンクが貼ってあって、そこに誘導しているのであれば別にいいですが、

その場合もちゃんと誘導出来ているかどうかはチェックしておいたほうが良いでしょう。

訪問者がどこから来て、どこへ行ったのか?

どのようなキーワードで検索して来たのか?

などなど色々な情報が取得できますが、

それをどう使うかは皆さん次第。

全部の項目をチェックしていても疲れちゃいますしね。

まずはざっとチェックしてみて、

自分のサイト上でのPRにおいて重要と思われる指標を作っておいて、

定期的にアクセスの動向をチェックしておくと良いでしょう。


元記事はこちら

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア