クラリネット三重奏で聴く 古典派からロマン派への旅(2017/4/21:KMアートホール)

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分 28 秒です。

ルーマニア、ポルトガル、イタリアの国際コンクール覇者でスイスで活躍するクラリネット奏者 梅原希枝、リヒテンシュタイン交響楽団首席チェロ奏者でスペイン出身のアルベルト・フェレス=トレス、ブラームス国際コン入賞者で指揮者でもあるピアニスト長谷川ゆきによるトリオコンサートが行われる。

雰囲気のある100歳のスタインウェイピアノで好評のKMアートホールで、クラシック初心者も、通の方も楽しめる内容となっている。

公演詳細は以下の通り。


クラリネット三重奏で聴く 古典派からロマン派への旅

日時:2017年4月21日(金)19:30開演(30分前よりご入場頂けます)

会場: KMアートホール(渋谷区幡ヶ谷1丁目23-20)

全80席 *席に限りがございます。ご予約の上お越し下さい。

入場料:一般4,000円、学生2,500円

チケット販売:
おすすめ! スマホ・PCからemailアドレスで簡単予約・手数料なし(カードまたはコンビニ決済):

(主催者直営 : Powered by Yahoo!PassMarket)
当日は受付でお名前を仰って下さい。身分証のみお持ち下さい。

プロ アルテ ムジケ:電話:03-3943-6677(郵送受取)
チケットぴあ:0570-02-9999  Pコード 323-156
東京文化会館チケットサービス:電話:03-5685-0650(10-19時 不定休館日あり 土日も営業 同会館&セブンイレブン受取)

プログラム:

ベートーヴェン:クラリネット三重奏曲 作品38

モーツァルト:ピアノ三重奏曲 K.502

ブラームス:クラリネット三重奏曲 作品114

主催:アンサンブル・コルディアーレ
Tel.050-5858-1845, Fax.03-6303-0172
Email: e.cordiale@gmail.com
後援:スイス大使館


プロフィール:

梅原希枝

東京生まれ、2007年に国立音楽大学卒業、2008年にスイスに渡る。バーゼル音楽院に在学した後、ルツェルン音楽院で、コンサートディプロム、ソロパフォーマンスディプロムを取得。音楽院在学中にリスボン国際クラリネットコンクール(ポルトガル)、カルリーノ市国際クラリネットコンクール(イタリア)、ゲオルグ・ディマ国際音楽コンクール(ルーマニア)クラリネット部門で最高位を受賞。ソリストとして、ルツェルン交響楽団、リスボンメトロポリタンオーケストラ等と共演。2008年~2011年ロームミュージックファンデーション奨学生。これまでに、生島繁氏、F・ベンダ氏、P・ベルトラミーニ氏に師事。

アルベルト・フェレス=トレス

スペインカタルーニャ生まれ。9歳でタラゴナ音楽院にてチェロを始める。2007年にバルセロナ音楽院を修了後、渡独。フランクフルト音楽院にて、R・ダニエル=グラフ氏に師事。同音楽院在学中にケルン室内オーケストラ、クラシックオーケストラ・ボンの期間契約団員になる。2010年に渡瑞、バーゼル音楽院にてR・ローゼンフェルト氏に師事。クロンべルク・チェロフェスティバルを始め、シュレスヴィック=ホルシュタイン・フェスティバル等、ヨーロッパ主要の音楽祭に参加。その他、B・グリーンハウス氏、L・レッサー氏、G・ホッフマン氏、堤剛氏などのマスタークラスを受講。リヒテンシュタイン交響楽団首席チェリスト。

長谷川ゆき

東京生まれ、1997年に国立音楽大学ピアノ科卒業、パリ国立地方高等音楽院他にて伴奏、室内楽、作曲書法、管弦楽法を修める。在学中より管・弦楽器奏者に支持されコンクール等の公式ピアニストも務める。近年は室内楽出演が多く、CD共演も行う。2015年ミラノ市立アバド音楽院オーケストラ指揮専攻科修了。指揮者としてカンヌ地方管弦楽団等と共演。墺・ブラームス国際コンクールを始め仏・伊・洪のコンクールにてピアノ・室内楽・指揮で入賞・優勝。T.ユイエ、独のA.v.アルニム、パリオペラ座のJ=P.サブレ各氏に師事。また独・チューリンゲン室内楽アカデミー等に招待参加し見聞に努める。プロアルテムジケ所属。

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る