【過去記事紹介】クラシック・ミュージック販促会議2016/2/15の記事「演奏家・演奏団体の公式サイトのチェック(1)わかりやすいデザインかどうか」

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分 16 秒です。

Startup Stock Photos
こんにちは。Wind Band Press編集長の梅本です。

この記事は、
主にネットでの販促コンサルタントも行っている私が
以前書いていたブログ

「クラシック・ミュージック販促会議」
(現在は時間が取れないので更新していません)

の記事の中から、今でも応用できそうな記事を抜き出したものです。

必ずしもすべての記事が今の考えと全く同じというわけでもないのですが、

「こういう考え方もあるよね」という感じで昔の自分を見ています。

ちょくちょくと紹介していきますのでぜひご覧ください。

ブログそのものはまだ残っていますのでご興味のある方は直接でもどうぞご訪問ください。

→クラシック・ミュージック販促会議


さて今日は「公式サイトのチェック(1)わかりやすいデザインかどうか」
ということで書きなぐって参ります。

趣味だったり仕事だったりで色々な音楽団体のサイトを見ることが多いのですが、んー。

最近は見栄えは綺麗な感じのサイトが増えていますが、

そこから何も感じないサイトが多いですね。

何を伝えたいのかもわからないし

サイト上で何を表現したいのかもわからないし

まずどこを見たらいいのかよくわからなかったり。

普段企業のサイトとかあんまり見ないんでしょうね。

ちなみにこんなのあるのでちょっと見てみると良いかもしれません。

Webユーザビリティランキング
2015 企業サイト編
http://brand.tribeck.jp/usability/ranking/2015/index.html

ユーザビリティというのは簡単に言い換えれば

「使いやすさ」「わかりやすさ」というようなものです。

1位のKDDIは2014年に続いて1位です。

2位のauもKDDI系列です。強い。

まあここまでのものを作る必要はないと思いますが

(そもそもサービスが違うんで)

参考にしてみてはいかがでしょうか。

クラシック系の団体なら、名の知れたプロ団体のサイトあたりはのぞいてみてください。

例えばN響
http://www.nhkso.or.jp/index.php

レイアウトも含めてサイトデザイン(サイト設計)は

まずは「わかりやすさ」「使いやすさ」に重点を置いてみましょう。

すでにサイトをお持ちの団体が多いかと思いますので、

まずは第三者に見てもらうことをオススメします。

トップページだけではなくてなるべくすべてのページを見てもらいましょう。

作ってる側からは見えない問題点が続々と出てくる場合がありますよ。

・団員以外のご友人

・クラシック音楽とは無縁のご友人

などに見てもらうのがよろしいでしょう。

趣味が遠ければ遠い程、ふだん見ているサイトも異なるので、

他ジャンルから参考になるサイトを色々と教えてもらうのもよろしいかと思います。

色々と見ながら「わかりやすい」「使いやすい」と思えるサイトが見つかったら、

なぜ「わかりやすい」のか?

なぜ「使いやすい」のか?

を考えてみてください。

団員やスタッフの方でサイト管理に携わっていない方も、

他人事にしないで、おかしいなーと思ったら管理者に伝えられるようにしましょう。

管理者の方はそれが出来る(意見が言える)環境を作ると良いです。

ただ、一人ひとりの意見を全部聞き入れていたらグッチャグチャになります。

管理者は指揮者のようなものです、というと分かりやすいでしょうか?

デザインに関してはブランディングも意識したいですし

コンテンツも考えないといけませんが、

それらはそのあとになります。

まずは「わかりやすく」「使いやすい」サイトを目指して、

デザインのリニューアルなど検討してみてはいかがでしょうか。


元記事はこちら

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る