【動画あり】アメリカの作曲家ジェイムズ・シラー氏(James Syler)の「WU XING」が2016 CBDNA Young Band Composition Awardを受賞

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分 0 秒です。

アメリカの作曲家ジェイムズ・シラー氏(James Syler)の打楽器と吹奏楽のための小協奏曲「WU XING Concertino for Two Percussion and Band」が「2016 CBDNA Young Band Composition Award」を受賞しました。

「WU XING」(発音はウーシン)は中国の五行思想(木・火・土・金・水)のこと。「Wu」が五で「Xing」が行です。

金属、水、木材、火、土などを用いて作られた楽器で構成された様々なサウンドを二人のソロ・パーカッション奏者が奏でます。

最後の「Earth」セクションでは、それぞれ5つのリズム、5つのフレーズで5音符のリズムを演奏する2つのバス・ドラムを使用し、最後に向かって力強さを増していきます。

初演の様子はこちら。

楽譜はシラー氏のサイトから購入可能です。

シラー氏の次の新作はヴィオラと吹奏楽のための作品「Love Among the Ruins」で、2017年の春に初演予定とのこと。こちらの作品は14の大学による共同委嘱作品となっていて、初演は秋まで続きます。

楽譜が一般に開放されて購入できるようになるのは2017年の5月30日以降になる予定。

ここで簡単にシラー氏のバイオグラフィーを紹介しましょう。

ジェイムズ・シラー氏(James Syler)は1961年、ニューヨークのハイド・パーク生まれ。ニューヨークとフロリダで育ちました。

1983年に北イリノイ大学(Northern Illinois University)で音楽の学士を、1988年にマイアミ大学(University of Miami)で音楽の修士を取得しています。

1991年、オースティンのテキサス大学で勉強を続けました。

彼は作曲家のアルフレッド・リード、カール・コルテ(Karl Korte)、ピューリッツァー賞受賞作曲家のマイケル・コルグラス(Michael Colgrass)にプライベートで師事しました。

受賞歴には、1993年のNBA作曲賞、アーノルド・ゲイブリエル作曲賞を受賞した「The Hound of Heaven」などがあり、ほかにも多くの委嘱を受けています。

1998年に出版社Ballerbach Musicを設立。15年以上にわたり20人以上の作曲家の作品を出版しました。2013年以降は、Ballerbach Musicはシラー氏の作品を出版することに専念しています。

シラー氏は、2001年からテキサス大学サンアントニオ校の補助教員を務めており、作曲レッスン、オーケストレーション、対位法の技術、アメリカのルーツ音楽などについて教えています。

1998~2001年にフロリダ州ボカラトンのフロリダ・アトランティック大学の教授を務め、1995-1998年にはフロリダ州セントオーガスティンのフラッグラー・カレッジで教授を務めていました。

シラー氏はピアニストのエリザベス・グティエレス(Elizabeth Gutierrez)と結婚し、テキサス州サンアントニオに住んでいます。

他の吹奏楽作品についてもシラー氏のサイトで聴けるものが多いので、ぜひ色々と聴いてみてください。

→吹奏楽作品のページはこちら(英語)

吹奏楽作品が収録されているCDは下記。

>デヴィッド・マスランカ:交響曲第5番 イリノイ州立大学ウィンド・シンフォニー David Maslanka:Symphony No.5【吹奏楽 CD】

価格:2,480円
(2017/3/1 10:36時点)

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る