リタ・ダルカンジェロ(フルート) スペシャルコンサート(2017/4/22:銀座山野楽器 本店7F)

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 47 秒です。

世界的に活躍し、高い評価を得ているイタリア出身のフルーティスト リタ・ダルカンジェロ氏によるスペシャルコンサートが行われる。

彼女が愛用するナガハラフルートによって奏でられる珠玉の音色、そして幻想的なプログラムを楽しむことが出来る。

また、世界初演のプログラムもあるのでお近くの方は是非。

【日時】2017年4月22日(土)  13:30開場 14:00開演

【会場】銀座山野楽器 本店7F イベントスペースJamSpot

【チケット代】¥2,000

プログラム:

G.Ph.テレマン:ソナタ ヘ短調 TWV41

F.シューベルト:「しぼめる花」の主題による序奏と変奏 OP.160

Ph.ゴーベール:ノクターンとアレグロ・スケルツァンド

J.ルッソ:ロマンス(リタ・ダルカンジェロ版) 世界初演

G.ドニゼッティ:フルート・ソナタ

V.ベッリーニ:「ノルマ」の主題による華麗なる変奏曲

P.モルラッキ: ロッシーニ歌劇「エジプトのモーゼ」による大幻想曲

Piano 山口研生

チケット取り扱い
銀座山野楽器 本店5F フルートサロン 03-5250-1062

リタ・ダルカンジェロ
Rita D’Arcangelo

イタリア中部のグアルディアグレーレ生まれ。サンドロ・カルボーネ氏に師事し、ダヌンツィオ・ペスカーラ国立音楽院を満点で卒業。マンチェスター王立北部音楽院(RNCM)にて ラファエル・トレヴィザーニ氏に師事、マンハイム音楽大学にて ジャン-ミヒャエル・タンギーに師事し、大学院の学位を取得する。

イタリア人として初めてジェームズ・ゴールウェイ卿のマスタークラスを受講。イタリアとスイスでジェームズ・ゴールウェイ卿のマスタークラスを受講したのち、2008年度のヴェギスでのマスタークラスでマークリッチ芸術支援財団から奨学金と、聴衆賞1位を獲得し、ナガハラ14K金製頭部管を贈られた。

その後も、幾つもの国際コンクールで入賞し、2011年10月にはカーネギーホールでソロデビューを果たす。

2008年からは佐渡裕芸術監督率いる兵庫県立芸術文化センター管弦楽団の首席フルート奏者を務め、大阪フィルハーモニー交響楽団の客演首席奏者も務めた。

また、ポーランドのコジュフフィルハーモニック管弦楽団、ユナイテッドチェンバーオーケストラ、ベルリン・ドイツ・オペラカンマーゾリステンでも首席フルート奏者を務めた。

また、ソリストとしては、R2、SWR、NHK、VaticanRadioのラジオ収録に参加。

マンハイムのモーツァルトイヤー2016ではオープニングとして招待され、モーツァルトのフルート協奏曲 ニ長調 K.314を演奏した。

ドイツ、ポーランド、日本、スロバキアでは、ロドリーゴのパストラル協奏曲の初演を行ない、全国放送された。

また、日本、イタリア、韓国、ポーランド、スロベニア、スペイン、アメリカにおいてマスタークラスを開催。

現在はドイツのブランデンブルク工科大学音楽学部のフルート講師、ソリスト、室内楽奏者として世界的に活躍している。2枚組CD「Allegro con Brio」は、米国グローバルミュージックアワードの楽器ソロ演奏部門で優秀賞を受賞。2016年3月に発売されたCD 「A Virtuoso Journey」は同イベントの楽器ソロ演奏部門とクラシック部門で金賞を受賞した。

使用楽器はナガハラフルートハンドメイド総14K金製。

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る