NHK Eテレ「クラシック音楽館」:N響メンバーによる木管アンサンブル(2/5)

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分 1 秒です。

2月5日(日)のNHK Eテレ「クラシック音楽館」で「N響メンバーによる木管アンサンブル」が放送される。

同時に放送されるのは「N響 第1849回 定期公演」。

内容・演目は以下の通り。

2月5日(日)放送
<N響 第1849回 定期公演>

大阪フィル首席指揮者を務める井上道義が、38年ぶりにN響定期の指揮台に登場。交響曲の全曲演奏プロジェクトを行うなど、思い入れの強い作曲家ショスタコーヴィチの作品を取り上げ、熱演を繰り広げました。

1.ロシアとキルギスの民謡による序曲 作品115(ショスタコーヴィチ)
2.ピアノ協奏曲第1番 ハ短調 作品35(ショスタコーヴィチ)
3.交響曲第12番 ニ短調 作品112「1917年」(ショスタコーヴィチ)

管弦楽:NHK交響楽団
ピアノ:アレクセイ・ヴォロディン
トランペット:菊本和昭
指 揮:井上道義
(2016年11月25日 NHKホール)

<コンサートプラス N響メンバーによる木管アンサンブル>

1.六重奏曲(プーランク)

フルート:神田寛明
オーボエ:池田昭子
クラリネット: 松本健司
ファゴット:菅原恵子
ホルン:今井仁志
ピアノ:横山幸雄

2.5つの小品(イベール)

オーボエ:池田昭子
クラリネット: 松本健司
ファゴット:菅原恵子

(2016年3月24日 NHKスタジオ)

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア