【動画あり】オーストリアの作曲家ゲルノット・ヴォルフガング氏(Gernot Wolfgang)の紹介と最新情報まとめ

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分 56 秒です。

オーストリアの作曲家、ゲルノット・ヴォルフガング氏(Gernot Wolfgang)より最新情報のまとめが届きましたので、簡単なバイオと合わせて紹介します。

ゲルノット・ヴォルフガング氏(Gernot Wolfgang)は1957年にオーストリアのバート・ガスタイン(Bad Gastein)に生まれ、現在はアメリカ・ロサンゼルスに移住しています。

彼は南カリフォルニア大学(USC)の「映画とテレビのスコアリング」プログラムを卒業し、ボストンのバークリー音楽院とオーストリアのグラーツ音楽大学で学位を取得しています。

氏はこれまで、ロサンゼルス室内管弦楽団、サンタバーバラ室内管弦楽団、欧州放送連盟のジャズフェスティバル、ロサンゼルスフィルハーモニーのミシェル・ズコフスキー(クラリネット) 、ジョアン・ピアース・マーティン(Joanne Pearce Martin:キーボード)、David Breidenthal(ファゴット)、Verdehr Trioとミシガン州立大学、ドビュッシー・トリオ(Debussy Trio)、Martha’s Vineyard Chamber Music Society、カリフォルニア州立大学ノースリッジ校、Oesterreichische Kammersymphoniker(オーストリア)、Jazz Bigband Graz (オーストリア)、ロサンゼルスを拠点とする室内楽シリーズのChamber Music Palisades、パシフィックセレナード、サウスベイ室内楽協会などから40以上の委嘱を受けています。

1990~93年、グラーツの音楽大学でジャズの作曲とハーモニーの講師を務めました。

彼はカリフォルニア大学ロサンゼルス校、テキサス・テック大学、ウィーン国立音楽大学、メキシコのオアハカのInstrumenta Veranoでゲスト講演とマスタークラスを行っています。

氏は、American Composers Forum、アメリカ音楽センター、オーストリア教育芸術省、オーストリア科学研究省、Austro Mechana、バークリー音楽院、ビルボード・マガジン、BMI(Broadcast Music, Inc.)、フルブライト・コミッション、オーストリアのチロル州から賞や奨学金を受けています。

氏は、映画やテレビ音楽業界のオーケストレーターとしても活動しており、現在、ロサンゼルスの現代音楽作曲家による音楽祭「HEAR NOW」の芸術監督と、ロサンゼルスをベースとした室内楽委嘱プログラムであるコアテット(Coretet)の諮問委員を務めています。

さてここから最新情報です。まずは初演について。

フルート、オーボエ、クラリネットとファゴットのための「PARALLEL UNIVERSE」が2016年11月6日にPennsylvania Quintetのメンバーによって初演されました。

次に最新の出版についてですが、ファゴットのピアノのための「FLURRY」がウィーンのDoblinger Music Publishersより出版されました。

FLURRY

その他の情報としては、彼の室内楽作品CD「Passing Through」がグラミー賞にノミネートされています。

このCDには「FLURRY」のほか、オーボエとピアノのための「PASSING THROUGH」、オーボエ、ファゴットとピアノのための「TRILOGY」が収録されています。

GIA Publicationsからリリースされたノース・テキサス・ウィンド・シンフォニーの「Inventions」に吹奏楽作品「THREE SHORT STORIES」が収録されています。

THREE SHORT STORIES

氏から頂いた情報は以上です。

吹奏楽作品は今のところ2012年の「THREE SHORT STORIES」、2013年の「SANTA BARBARA SUITE」のみですが、室内楽が多い作曲家なので、今後も注目していきたいと思います。


関連商品

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア