ウェールズの作曲家トム・ダヴォレン氏(Tom Davoren)最新情報

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分 20 秒です。

ウェールズの作曲家、トム・ダヴォレン氏(Tom Davoren)からメールが届きましたので、最新情報およびダヴォレン氏についてご紹介します。

まずはバイオグラフィーから。


トム・ダヴォレンは国際的に高く評価されている作曲家、バンド・ディレクター。

彼の作品は世界中から委嘱・初演されており、その中にはアメリカ海兵隊バンド(‘The President’s Own’ United States Marine Band)、イギリス空軍セントラル・バンド(Central Band of the Royal Air Force)、ブラスバンド・バトル・クリーク(Brass Band of Battle Creek)、コーリー・バンド(Cory Band)、フィリップ・シャルツ(Philippe Schartz:BBCウェールズ交響楽団首席トランペット奏者) 、グレン・ヴァンローイ(Glenn Van Looy)、スティーヴン・ミード(Steven Mead)などが含まれています。

作品はニューヨークのカーネギーホール、BASBWEロンドンフェスティバル、ロイヤル・ノーザン・カレッジ・オブ・ミュージック・フェスティバル・オブ・ブラス、WMC(ケルクレーデ)、国際テューバ・ユーフォニアム・カンファレンス、国際トランペット・ギルド・カンファレンス、シャガール・ブラス・フェスティバル、スイス ソロ・カルテット選手権、ニュージーランド、オーストラリア、イギリスのナショナル・バンド選手権のソロとバンド・セクションなどで演奏されています。

彼はまたベルギーのブラスバンド・ブイジンゲン「Brassband Buizingen」との特別な関係があり、2015年からアソシエイト・コンポーザーとして活動しています。

指揮者としては、ダヴォレン氏は南ウェールズのBTMバンドでキャリアをスタートしました。

彼はその後、デスフォード・コリアリー・バンド(Desford Colliery Band)の音楽監督、フェアリー・バンド(Fairey Band)の副指揮者(Associate Conductor)、ブリストルのFilton Concert Brassの音楽監督として成功し、イギリスで最も新しいチャンピオンシップバンドの1つに導いています。

2015年にメイドストーン・ウインド・シンフォニー(Maidstone Wind Symphony)を全英吹奏楽選手権のタイトルに導き、2016年にはウェールズ・ナショナル・ユース・ブラス・バンドの指揮者に就任しました。

また、2016年からはサルフォード大学で学生バンドの指揮とブラスバンドの監督を務めています。

ダヴォレン氏は英国王立ウェールズ音楽大学(Royal Welsh College of Music & Drama)でナイジェル・シーマン(Nigel Seaman)にテューバを師事し、カーディフ大学音楽学部でアンソニー・パワーズ(Anthony Powers)とアルレーネ・シエラ(Arlene Sierra)に作曲を師事し、学士号と修士号を取得しました。

2009/10年には、芸術・人文研究会議(Arts and Humanities Research Council)とウェールズ・リベリー・ギルド作曲賞(Welsh Livery Guild Composition Award)の研究奨学金を授与されました。

2011年のBASCAイギリス作曲家賞にノミネート、2012年のEBBAヨーロッパ作曲家コンクールで優勝、2014年に国際テューバ・ユーフォニアム協会からハーヴェイ・フィリップス賞を受賞しました。


続いて最新情報です。

1) 2017年に吹奏楽の新作「Stillness」が初演されます。

冒険家アメリア・イアハートによる最初の大西洋横断を祝した15分の作品で、カンザス・ウインド・アンサンブル(アメリカ)、サスカチュワン・ウインド・オーケストラ(カナダ)、イギリス空軍、モンクレア州立大学ウィンド・シンフォニーによるコンソーシアムです。

2)トランペット、ユーフォニアム、吹奏楽のための「Ascension」は、最近、アメリカ海兵隊バンドによってアメリカ初演が行われました。

ソリストのHiram Diaz(ユーフォニアム)とAmy McCabe(トランペット)をフィーチャーした28日間の全米コンサートツアーの一環として行われました。

さらに、イギリス空軍セントラル・バンドとオランダ王国陸軍バンドが今後演奏予定です。

スタジオ録音をこちらから聴くことが出来ます。

3)コンサート序曲「Return to the White City」が、トーマス・レスリー教授(Professor Tom Leslie)指揮、ネバダ大学ラスベガス校ウィンド・オーケストラによって録音されています。 アルバム「The Return」は、2017年の初めにリリースされる予定で、デヴィッド・マスランカ(David Maslanka)とフランク・ティケリ(Frank Ticheli)の作品も収録されます。

スタジオ録音をこちらから聴くことが出来ます。

4)2016年12月に、ネバダ大学ラスベガス校ウィンドオーケストラのための作品「Riding to Olwen」が完成しました。 エキサイティングな4分間の作品は、伝統的なウェールズの神話と民話に触発された作品です。 美しい王女オルウェンと結婚するために戦いへと旅立つキルッフ王子の物語を伝えています。(注:おそらくウェールズの物語群である「マビノギ」が関係していると思われます)

5)ダヴォレン氏のサイトでオンラインストアが開始されました。Studio Music、Ty Cerdd、Tom Davoren Musicのすべての出版社のダヴォレン氏の吹奏楽・ブラスバンド作品を直接購入できます。

Tom Davoren Musicの作品はPDFダウンロード購入が可能です。

次に指揮に関する最新情報。

1)最近ではブルックリン・ウインド・シンフォニー(ニューヨーク)の客演指揮者を務めました。 彼は音楽監督のJeff W Ball、客演指揮者のヨハン・デメイ(Johan De Meij)、ゲスト・コンポーザーのピーター・ミーチャン(Peter Meechan)と一緒に、ドラゴンの年(スパーク)、Korn Symphony(ミーチャン)、指輪物語(デメイ)、イギリス舞曲集(アーノルド)を演奏しています。

2)2017年1月にハーモニー・ショスタコーヴィチ(スイス)の客演指揮者を務めます。演目には彼自身の「Stillness」、ISS Flyover(ミーチャン)、ニュー・ロンドン・ピクチャーズ(ヘス)、Mutiara(Barfield) といった「冒険」にインスパイアされた作品が並びます。

3)2016年のウェールズ・ユース・ブラス・バンドの音楽監督に続き、2017年にはウェールズ・ユース・トレーニング・バンドの指揮者を務めます。

最新情報は以上です。

吹奏楽作品よりブラスバンド作品が多いですが、今日はダヴォレン氏の吹奏楽作品を最後にご紹介します。

Diversions on Calon Lan

Windy City Heartbreak

Looking In

Strike Hard, Strike Sure

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア

No Responses