會田瑞樹パーカッションリサイタル2016ー旅人たちの紡ぐ歌ー (10/28)

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分 37 秒です。

20160801

多くの作曲家の新作初演を行っている注目の打楽器奏者、會田瑞樹がリサイタルを行う。

クラシック音楽と現代音楽、そして打楽器音楽の新しい出会いの場。 モーツァルト、セヴラックがマリンバとヴィブラフォンで奏でられ、 現代を生きる様々な世代の作曲家が自らの音を紡ぐ。 それぞれの作曲家の音楽は彼等の生き様そのものである。

日時:2016/10/28(金)

会場:豊洲シビックセンターホール (東京都)

公演などに関する問い合わせ先:會田瑞樹(http://mizukiaita.tabigeinin.com/

予定演目(演目変更の可能性あり):

I 出発
モーツァルト/アダージョ
白藤淳一/Freeze BEAT(初演)
薮田翔一/Saturation(初演)

II 祈り
會田瑞樹構成/セヴラックへの祈り
末吉保雄/スネアドラムのためのエチュード -五つの情景のために-

III 混血
水野修孝/マリンバ独奏のための三章(初演)
水野修孝/室内五重奏曲(初演)

IV 超越
木下正道/海の手 III
ヴィヴァルディ(會田瑞樹編曲)/調和の霊感より
権代敦彦/光のヴァイブレーション

 

會田瑞樹プロフィール:

1988 年宮城県仙台市生まれ。幼少よりヴァイオリンの手ほどきを受け、12 歳より打楽器をはじめる。武蔵野音楽大学ヴィルトゥオーソ学科打楽器専攻卒業。同大学院修士課程ヴィルトゥオーソコース修了。打楽器、マリンバを吉原すみれ、神谷百子の両氏に師事。日本現代音楽協会主催第九回現代音楽演奏コンクール「競楽Ⅸ」において第二位入賞。以降現在に至るまで多数の作曲家の新作初演を手がけている。2014 年はNHKFM「リサイタルノヴァ」への出演、ALMコジマ録音より初となるソロ・アルバム《with…》をリリース(ALCD-102)、第4回世田谷区芸術アワード“飛翔”音楽部門を受賞するなど、多方面に渡り活動を続けている。

 

参考資料:YouTubeより


▼関連商品

Amazon

楽天

with… [ 會田瑞樹 ]

価格:3,024円
(2016/9/17 16:13時点)

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア