ケヴィン・ホーベンが指揮する吹奏楽団「Koninklijke Harmonie Van Peer」が2016年のバレンシア国際吹奏楽コンクールの2ndセクションで優勝

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分 8 秒です。

houben-pic

7月22日、全日本吹奏楽コンクールでも「ゴルゴダの丘への行進(この訳が適切かどうかは不明:原題はProcession to Calvary)」が演奏され名前が広まったであろうベルギーの作曲家ケヴィン・ホーベン氏が、指揮者としてベルギーの吹奏楽団「Koninklijke Harmonie Van Peer」とともに2016年のバレンシア国際吹奏楽コンクール(CIBM: Certamen International de Bandas de Musica Ciudad de Valencia)の2ndセクションで優勝した。

演奏した曲目は下記の通り。

パソドブレ:Puenteareas / R. Soutullo (arr: Frank de Vuyst)
課題曲:”Anem!..” (I.- Folies;II.- Donçainers;III.- Rat Penat;IV.- Cançoneta) / Miguel Asins Arbó
自由曲:Derivations / Marco Pütz

ちなみに3rdセクションには日本の青森山田中学高等学校吹奏楽部も参加、優勝(!)している。

ホーベン氏は「日本でコンサートツアーがしたい!」とのことなので、誰か招聘をお願いします・・・

参考動画:ホーベン氏とKoninklijke Harmonie Van Peerが2013年のWMCに参加したときの映像(曲はホーベン氏のLake of the Moon)


▼関連商品

Amazon

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア