サクソフォン奏者の佐野功枝がソロリサイタル「サクソフォン夜話『頽廃音楽と大衆音楽』」を開催(12/2:名古屋)

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分 17 秒です。

sano

名古屋アカデミックウインズの代表を務め、ほかにも様々な場所で活躍しているサクソフォン奏者、佐野功枝氏。

現在はアリオンサクソフォンカルテットの全国ツアーの真っ最中だが、12/2にソロリサイタルを開催する。

公演詳細は以下の通り。


佐野功枝サクソフォン夜話
「頽廃音楽と大衆音楽」

日時:2016/12/2(金)18:30開場 19:00開演

会場:HITOMIホール(名古屋市中区葵3-21-19)

出演:
サクソフォン:佐野功枝
ピアノ:山内敦子

ゲスト:吉田浩司(名古屋フィルハーモニー交響楽団ヴィオラ奏者)

チケット(全席自由):
一般3,000円、学生2,000円(当日共に500円増し)

プログラム:

A.ドレッセル:エレジー

P.デッソウ:組曲

P.ヒンデミット:ピアノ、ヴィオラ、テナーサックスのためのトリオOp.47

A.ワイルダー:組曲第1番 テナーサックスのための3つのバラード

R.ロドニー・ベネット:スタン・ゲッツのためのコンチェルト

チケットご予約

ツキヤレーベル
tukiyasax@yahoo.co.jp

ボイスミュージック(日曜、祝日以外の14時~21時)
052-625-4120


unspecified

佐野功枝 Norie Sano  サクソフォン

静岡県出身。愛知県立芸術大学卒業。

在学中、中川良平氏率いる「東京バッハ・バンド」東京、 仙台公演参加。

第7回「静岡の名手たち」オーディション合格。静岡音楽館Aoiにて同コンサート出演。

2006年より、名古屋、東京、富士の各地でソロリサイタルを開催。

リサイタルでは毎回作曲家に委嘱作品を依頼し、クラシカルサクソフォン作品のレパートリー開拓を試みている。委嘱作品のうちいくつかが、現在フォスターミュージックより出版楽譜として発売さている。

また、2005年より所属するアリオンサクソフォンカルテットのリサイタルを全国各地で開催。

これまでにソリストとしてセントラル愛知交響楽団と共演。

演奏活動の他、吹奏楽指導者、女性の為の生涯学習講座の講師を務めるなど活動は多岐に渡る。

サクソフォンを雲井雅人、池田崇明、中嶋英乃の各氏に、室内楽を菅原眸、中川良平、村田四郎の各氏に師事。

名古屋アカデミックウインズ代表。SAXY FIVE+2、トリオLovishメンバー。

アリオンサクソフォンカルテット及び一宮市消防音楽隊テナーサクソフォン奏者。JWECC(日本管楽合奏指導者会議)会員。現代邦楽みさと笛三級師範。

これまでに2枚のソロアルバムをリリースしている。
「illumination」(フロレスタン株式会社 FLCP-21019)、「Fairy Tale」(ツキヤレーベル TKYL-1001)


フェアリー・テイル サクソフォン 佐野功枝【サクソフォーン】 Fairy Tale【サクソフォーン CD】TKYL-1001

価格:2,057円
(2016/11/17 09:05時点)

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア