アメリカン・ブラス・クインテット(American Brass Quintet)が秋のツアーでジョン・ゾーン(John Zorn)の「Blue Stratagem」を世界初演

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分 17 秒です。

abq

Photo : Matt Dine

50年以上の歴史を持つアメリカを代表する金管五重奏、アメリカン・ブラス・クインテット(American Brass Quintet)。

所属事務所「Kirshbaum Associates」広報のキャサリンさんからメールが届いたので近況をご紹介します。

もう終わってしまいましたが、ABQはこの秋(9-10月)にアメリカとブラジルでツアーを行いました。

現在のメンバーは以下の通り。

Kevin Cobb (Trumpet)
Louis Hanzlik (Trumpet)
Eric Reed (Horn)
Michael Powell (Trombone)
John D. Rojak (Bass Trombone)

このツアーではジョン・ゾーン(John Zorn)の「Blue Stratagem」を世界初演したほか、ケネス・フックス(Kenneth Fuchs)の「Brass Quintet No. 2, “American”」、エリック・ネイサン(Eric Nathan)の「Missing Words II」のニューヨーク初演を行っています。

今後の予定ですが、今のところ2017年の予定を見ても日本での演奏予定は掲載されていないので来日するかどうかは不明ですが、ぜひ生で見てみたいですね。

公式の最新ビデオはこちら。

ロバート・パターソン(Robert Paterson)の「Shine」のレコーディング風景です。(最終楽章のみ)


▼関連商品:アメリカン・ブラス・クインテットのCD

Amazon

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア