2017年5月に第1回アルザス国際トロンボーン・コンクール開催!若きテナートロンボーン奏者たちよ、集え!!

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分 10 秒です。

citalogobis

2017年5月11日から14日にかけて、フランスのキンガースハイム(Kingersheim)にて、第1回アルザス国際トロンボーン・コンクール(1st edition of the International Trombone Competition of Alsace)が開催されます。

今回は、トロンボーン奏者であり芸術監督を務めるローラン・ヴァイスビッキ(Laurent Weisbeck)氏から連絡を頂いたので、それに沿ってご紹介します。

このコンクールは1987年1月以降に生まれた、世界中のすべてのテナー・トロンボーン奏者に参加資格があります。

開催時に30歳以下ということになります。

1位の賞金は5000ユーロ
2位の賞金は2500ユーロ
3位の賞金は1500ユーロ
聴衆賞の賞金は1000ユーロ

です。

審査員は、

ジャック・モージェ(Jacques Mauger)(フランス)
グスタフ・ホナ(Gustav Hona)(ハンガリー)
ヴィンチェント・レパーペ(Vincent Lepape)(イタリア)
ニコラ・ムティ(Nicolas Moutier)(フランス)
ジェイミー・ウィリアムズ(Jamie Williams)(アメリカ)

で構成されます。

スペシャル・ゲストにQu4tre A4、リート・フォンタナ(Lito Fontana)、スパニッシュ・ブラス(Spanish Brass)が参加するとのことです。

締め切りは2017年2月15日。

急いでサイトをチェックしましょう。→サイトはこちらから

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア