1994年のNBAメリル・ジョーンズ記念作曲賞の受賞者でもあるアメリカの作曲家デヴィッド・チェケッツ(David Checketts)の新作初演予定など

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分 46 秒です。

261a273

作曲家紹介ブログ、今日はアメリカの作曲家デヴィッド・チェケッツ(David Checketts)。

ソルトレークシティーを拠点とし作曲家・編曲家・クリニシャンなど様々な活動をしているチェケッツ氏ですが、今回は作曲家としての活動にスポットをあてて近況をうかがってみました。

作曲家としてチェケッツ氏の名前が表舞台に躍り出たのはおそらく1994年のNBAメリル・ジョーンズ記念作曲賞(National Band Association Merrill Jones Memorial Composition Contest)ではないかと思います。

NBAといえばオストウォルド賞という感じがありますが、若手作曲家のための作曲賞としてメリル・ジョーンズ記念作曲賞というのがあり、当時まだユタ大学を卒業したばかりのチェケッツ氏は「Festival De Ladrones (Festival of Thieves)」でこの賞を受賞しました。作品はTRNから出版されています。

ちなみにこの若手のための作曲賞は過去には他にも2003年にジョナサン・ニューマン(Jonathan Newman)、2001年にはサミュエル・ヘイゾ(Samuel Hazo)なども受賞しています。

チェケッツ氏の創作範囲は吹奏楽だけではなく、オーケストラ、室内楽、合唱、映画音楽、マーチングバンドなど多岐にわたります。

どちらかというとコンテンポラリー寄りの作曲家な気もします。

そんなチェケッツ氏ですが、新作「Geological Instabilities」が2017年1月に初演されます。

この作品はCentral Oregon Music Educators Associationによって委嘱され、Marcellus Brown指揮、Director of Bands from Boise State Universityによってオレゴンで初演される予定です。

また、その他の新作としてはクラリネット協奏曲の「Transitions」があります。

▼MIDI音源が聴けます

この作品はチェケッツ氏の友人で、バスの交通事故で40人の生徒を救うために亡くなった教師、Heather Christensen氏のために作曲されました。

そのほか、サウンドクラウドでほかにも吹奏楽曲の音源があったのでご紹介しておきますね。

ぜひチェックしてみてください。

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア