【画像追加】アメリカン・ウィンド・シンフォニー・オーケストラ(The American Wind Symphony Orchestra)が60周年を迎える2017年に日本人演奏者を募集中!

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 34 秒です。

aws

(2016/11/9:上記画像追加しました)

2017年に60周年を迎えるアメリカン・ウィンド・シンフォニー・オーケストラ(The American Wind Symphony Orchestra)(以下AWSO)。

音楽監督であり創設者のロバート・オースティン・ブードロー(Robert Austin Boudreau)氏から連絡を頂きました!

まずなんといってもお伝えすべきは、その記念すべき2017年のシーズンに日本人演奏者を募集しているということなのですが、その詳細の前にAWSOについて少しご紹介しましょう。

AWSOは日本人奏者や作曲家とも関わりが深く、作曲家のアラン・ホヴァネス(Alan Hovhaness)がAWSOに「日本の演奏家を迎えるべき」と強く勧めたことがきっかけだったそうです。

1961年にAWSOは山口浩一氏を迎え、特別に作られた船の上で、イギリスのテムズ川をツアー。また、アメリカの水路でもツアーを行っています。

山口浩一氏は後に新日本フィルハーモニー交響楽団のティンパニ奏者になりました。その数年後山口保宣氏もAWSOと一緒に演奏をしています。(山口浩一氏は2015年に逝去)

また、主席ティンパニ奏者、マリンバ・ソリストとして佐々木達夫氏を迎えアメリカ各地で100回を超える演奏会を共にしています。その後佐々木氏はサンディエゴ・シンフォニー(San Diego Symphony Orchestra)の主席ティンパニ奏者になります。

長い歴史の中で、ほかにもフルート、ファゴット、クラリネット、トランペット、トロンボーンなど多くの奏者がAWSOに加わりました。

2000年代のはじめには山口浩一氏が日本人演奏家のグループを伴って復帰。ハープ奏者の奥田恭子とヘンク・バーディングス(Henk Badings)のハープ協奏曲をレコーディングしています。またマリンバ・デュオの神原瑶子・大森たつし各氏とも共演、ブラス・アテオルトゥア(Blas Atehortua)の協奏曲をレコーディングしています。

ここで簡単な歴史を。

ブードロー氏が団を組織し始めた1956年、氏はブラジルの作曲家エイトル・ヴィラ=ロボス(Heitor Villa Lobos)にAWSOのために作品を書いてもらうため、彼と会いました。

ヴィラ=ロボスの初めての言葉は、「I won’t write for band」。この言葉がAWSOの編成の元となったのだそうです。

AWSOは「band」でも「wind ensemble」でもありません。ブードロー氏の言葉を借りるなら「弦のない交響楽団のような」編成です。

現在、木管が各4、ホルン・トランペット・トロンボーンが各6、テューバ1、打楽器6、ハープとキーボード、という編成です。サクソフォーン、ユーフォニアム、バリトンなどはありません。

木管はフルート、ピッコロ、アルト・フルート、バス・フルート、オーボエ、イングリッシュ・ホルン、オーボエ・ダモーレ、ヘッケルフォーン、Bbクラリネット、Ebクラリネット、バス・クラリネット、コントラバス・クラリネット、ファゴット2、コントラファゴット2、から成っています。

これまでに450以上の作品がAWSOのために書かれており、C. F. Petersから出版されています。

AWSOにとっての初めて委嘱した日本人作曲家は黛敏郎氏で、彼が1965年にAWSOのために書いた「打楽器とウィンド・オーケストラのための協奏曲」はいまでも聴衆に人気です。(黛敏郎氏の吹奏楽や管楽合奏の作品といえば「花火」「テクスチュア」「彫刻の音楽」などが有名ですね)

1969年には小山清茂氏が「イングリッシュ・ホルンと吹奏楽のための音楽」を作曲。

三善晃氏は2002年にティンパニ協奏曲「WEST WIND」を作曲し、山口浩一氏が2003年に録音しています。

和田薫氏はAWSOのためにいくつかの作品を書いています。(「協奏的3つの断章”序破急”-ティンパニー、打楽器、二人の和太鼓と管楽器のための-」「遠音」「万華三連」)
さて、では本題の日本人演奏家募集について。

2017年に60周年を迎えるにあたり、AWSOは優れた数人の日本人演奏家を探しています。

申込みはAWSOのサイト、もしくはメールで。(AWSOのサイトからメールが送れます:AWSOのサイトはこちら

AWSOは、ペンシルベニア州ピッツバーグまでの往復費を支払い、部屋と食事(昼食はなし)を用意し、さらに報酬として$1,000を支払います。

年齢は18歳から30歳までで、上述の楽器のほか、特に太鼓と大太鼓の演奏に優れた打楽器奏者を求めています。楽器はAWSOが所有しています。

詳しくはAWSOにお問い合わせください。お知り合いの方にもぜひ伝えていただけると、ブードロー氏も喜ぶかと思います。

以上、AWSOのロバート・オースティン・ブードロー氏から頂いた情報を元にまとめてみました。

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア