依頼演奏にも最適!ハル・レナード(Hal Leonard)から一人で演奏できるフィリップ・スパーク編曲のキャロル集

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分 46 秒です。

fc

「Instrumental Play-Along」(オーディオファイルをバックに一人で演奏するカラオケ譜みたいなやつ)シリーズの新刊とともに、ハル・レナード(Hal Leonard)からフィリップ・スパーク編曲のキャロル集の紹介が届いたので(昨年の暮れに発売されたようですが)改めてご紹介します。

こちらも基本は一人で演奏できるように作られていますが、工夫次第で2人以上でも演奏可能とのこと。

収録されている楽曲は以下の通り。

Angels We Have Heard On High (Tune Name: GLORIA)
Christians, Awake! Salute The Happy Morn
Come, Thou Long-Expected Jesus (Tune Name: HYFRYDOL)
Coventry Carol
Deck The Hall
Ding Dong! Merrily On High!
He Is Born, The Holy Child (Il Est Ne, Le Divin Enfant)
Here We Come A-Wassailing
Joy To The World (Tune Name: ANTIOCH)
Lo, How A Rose E’er Blooming (Tune Name: ES IST EIN’ ROS’)
O Come, All Ye Faithful (Adeste Fideles) (Tune Name: ADESTE FIDELIS)
O Little Town Of Bethlehem (Tune Name: ST. LOUIS)
Of The Father’s Love Begotten (Tune Name: DIVINUM MYSTERIUM)
Silent Night (Tune Name: STILLE NACHT)
The Twelve Days Of Christmas

発売されたのは下記の楽器のバージョン(右の数字は品番です)。

Flute – 00151864
Oboe – 00151865
Bassoon – 00151866
Clarinet – 00151867
Alto Sax – 00151868
Tenor Sax – 00151869

Amazonでも買えます。

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア