オーチャードホール・吹奏楽シリーズ遂に始動!第1回は藤重佳久指揮、ぱんだウインドオーケストラ

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分 34 秒です。

ぱんだWO全体写真(c)Ayatake Ezaki

(c)Ayatake Ezaki

Bunkamuraオーチャードホールが音楽ファンにおくる吹奏楽コラボレーション・新シリーズ「オーチャードブラス」が2016年より始動する。

第1回「カリスマと若き精鋭たちの競演」の開催は12月3日(土)、出演は藤重佳久(指揮/活水女子大学 音楽学部 教授)、ぱんだウインドオーケストラ。吹奏楽ファンならすでにおなじみの両者によるコラボレーション企画となる。

詳細は以下の通り。
曲目・演目

C.T.スミス:華麗なる舞曲

C.T.スミス:ルイ・ブルジョアの讃美歌による変奏曲(※14:00公演のみ)

C.T.スミス:フェスティバル・バリエーション(※19:00公演のみ)

P.スパーク:宇宙の音楽

真島俊夫:シーガル

※やむをえず曲目が変更になる場合がございます。
※14:00公演、19:00公演で曲目が一部異なります。
公演日程
2016/12/3(土)14:00開演、19:00開演
会場
Bunkamuraオーチャードホール

主催
Bunkamura
料金
S¥4,500 A¥3,500 B¥2,500 (税込)
※未就学児童入場不可。
プロフィール

藤重写真 クレジットなし

藤重佳久

武蔵野音楽大学音楽学部器楽科卒業。前任校の精華女子高等学校吹奏楽部顧問として全日本吹奏楽コンクールに19回出場(金賞10回、銀賞9回)。全日本マーチングコンテストに16回出場(全て金賞)。マーチングバンド世界大会でワールドチャンピオン、ローズパレード総合優勝。2015年度より活水女子大学音楽学部教授、活水学院吹奏楽団音楽監督。

上野耕平(c)Ayatake Ezaki

(c)Ayatake Ezaki

ぱんだウインドオーケストラ

2011年、同年の東京藝術大学入学生を中心に結成。団員は続々と国内外のコンクールで入賞を果たしてきており、次世代を担う管打楽器プレイヤーの精鋭がそろう新進気鋭の吹奏楽団である。これまでにTV朝日「題名のない音楽会」やNHK-Eテレ「ららら♪クラシック」に出演。最新CDは「PANDASTIC!!~Newest Standard~」(日本コロムビア)。

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア