武蔵野音楽大学ウィンドアンサンブル演奏会(12/14:東京芸術劇場)

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 0 分 58 秒です。

wind2
武蔵野音楽大学ウィンドアンサンブルが12/14に演奏会を行う。

今回も日本初演作品が目白押し。初演マニアにはたまらないプログラムとなっている。

特にポール・ドゥーリーは勢いに乗っている作曲家なので押さえておきたい。

公演詳細は以下の通り。

日時:2016年12月14日(水)5:30p.m.ロビー開場6:30p.m.開演

会場:東京芸術劇場 コンサートホール

入場料:1,500円(全席指定)*未就学児の入場不可

主 催:武蔵野音楽大学

問合せ:武蔵野音楽大学入間キャンパス演奏部 04-2932-3108

指揮=レイ・E.クレーマー

プログラム:

M. キャンプハウス:シンフォニック・ファンファーレ

K. M. ヴァルチック:夢の滞在 (日本初演)

M. サターホワイト:ラビー・バーンズの花束 (日本初演)

M. コナウェイ:エンジン全開 (日本初演)

P. ドゥーリイ:マスクとマシーン (日本初演)

L. バーンスタイン:演奏会用序曲《スラヴァ!》

P. A. グレインジャー:《北方の歌》より〈わが黒髪の乙女〉 (Wind Ensemble版日本初演)

R. ニクソン:太平洋の祭り

O. レスピーギ:《ローマの松》より〈アッピア街道の松〉

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア