オットー・M・シュヴァルツ(Otto M. Schwarz)最新情報まとめ

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分 58 秒です。

schwartz

「ドラゴン・ファイト」「モンテ・クリスト伯」などで知られるオーストリアの作曲家オットー・M・シュヴァルツ(Otto M. Schwarz)。

最新情報が(やや古いのも含めて)ドバッと届いたので、いくつかピックアップしてまとめてみます。


■今後の演奏およびツアー予定:

・2016年10月9日にドイツで映画「1805 – A town’s Tale」に同名の新作吹奏楽曲の世界初演を組み合わせたコンサートが行われます。

映画のトレイラーはこちら。

・12月のミッドウェスト・クリニックにも参加するとのこと。

その他、オーストリアのヴィンパッシング(Wimpassing)でトーマス・ガンシュをフィーチャーしたビッグ・バンド・プロジェクトの指揮をしたり、オーストリア以外にもドイツ、イタリア、フランスなどでワークショップやレコーディングが控えているとのことです。


■新譜CD情報(すでにお伝えしているものもありますが復習も兼ねて)

m-disc-216-055-3_1

SYMPHONIC DIMENSIONS II – Mixed in Hollywood

吹奏楽作品を管弦楽に編曲した作品集です。

デモ音源がありました。

▼Bonaparte

▼Man In The Ice

▼Mundus Novus

▼Terra Vulcania

m-disc-215-053-3_1

THE BEST OF OTTO M. SCHWARZ (3CD’s)

新作の”The Heart and the Crown” “Skyliner”も収録されています。

▼The Heart and the Crown

▼Skyliner

dhr-02-059-3_1

THE LAST GIANT (2 CD’s)

新作の”The last Giant” “Around the world in 80 Days (Grade 2 Version)”が収録されています。

m-disc-216-056-3_1

TERRA MYSTICA

新作の”Between two worlds”が収録されています。

▼Between two worlds


■その他2016年の新作

APOLLO 11
Grade 2 5:43
タイトルの通りアポロ11号を題材にした作品ですが、グレードも優しく、手軽に楽しめる作品になっています。

こんな感じですが、2016年にすでに(1805の初演も含めて)新作4作品が世に出ています。忙しそうですね・・・

またシュヴァルツ氏から続報が入り次第、色々とご紹介します。


▼関連商品

Amazon

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア