作曲家、ピアニストの平野達也氏の新作クラリネット8重奏「万葉の麗人」がまもなく初演予定

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 0 分 41 秒です。

hirano

作曲家でありピアニストでもある平野達也氏の新作クラリネット8重奏「万葉の麗人」がまもなく初演予定(詳細未定)とのこと。

平野氏は関西大学法学部法律学科卒業、大阪音楽大学大学院作曲専攻修了、作曲を近藤圭に師事。作曲家、ジャズピアニストとして活動中。

第15回名古屋文化振興賞、第2回東京佼成ウインドオーケストラ作曲コンクール「審査員特別賞」、第10回トロンボーンアカデミー&フェスティバル「優秀作品」の各賞を受賞、第3回東京国際室内楽作曲コンクール、ピアノデュオによる第5回国際作曲コンクールにそれぞれ入選する等している。

その他最近の吹奏楽・管打楽器関連の活動としては、

2016年6月にラフマニノフ「交響曲第2番より第3第4楽章」の編曲が第37回宝塚市吹奏楽団定期演奏会で初演されているほか、

2016年5月にムジカ・エテルナから「ペンテコステ」~吹奏楽のための祝典序曲が出版されている。

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア