今が旬!超多忙なアメリカの作曲家ジェイムズ・M・スティーヴンスン(James M. Stephenson)をチェックすべし!

Download PDF

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分 44 秒です。

2014-catalog

日本の吹奏楽界隈ではさほど一般的に知られていないかもしれない作曲家なのですが、今日はシカゴを拠点に活動しているアメリカの作曲家ジェイムズ・M・スティーヴンスン(James M. Stephenson)をご紹介します。

まず先に簡単なバイオを。

スティーヴンスンは1969年シカゴ生まれ。

フロリダのネイプルズ・フィルハーモニックでトランペット奏者として17シーズンを過ごした後、フルタイムの作曲家になっています。

作曲家としてのほとんどは独学で、それが彼のすべての音楽活動よりも顕著であり、作品を個性あるものにしています。

同僚や友人は彼の初期の努力と熱意を支え、作品が増え成長するに従い、彼の評価も上がっていきました。

作品は協奏曲やソナタが多く、ほとんどの楽器の作品があり、シカゴ響のクラリネット奏者ジョン・イエ(John Yeh)からは「コンチェルト・キング(The Concerto King)」というあだ名をつけられています。

これらの作品の大半はシカゴ、ボストン、ニューヨーク、フィラデルフィア、ミネソタ、ワシントン、セントルイス、オレゴン、ミルウォーキー、ダラスなどの主要オーケストラの首席奏者からの委嘱で作られています。

ほとんどの金管ソロの作品はプロ奏者によって録音され、作品の多くは30以上のCDで聴くことが出来ます。

ストラヴィンスキーの有名な「兵士の物語(L’Histoire du Soldat)」に続くものとして2013年に作曲された「The Devil’s Tale」はスティーヴンスンの室内楽へのアウトプットの中でも最も注目され、ケネディ・センターのミレニアム・ステージほか多くの会場で演奏され、その録音は多くの称賛を得ました。

アメリカの一流のオーケストラ、奏者、吹奏楽団が彼の作品を演奏し、批評家からの称賛を得ています。ボストン・ヘラルド紙は“straightforward, unabashedly beautiful sounds,”(まっすぐな、気後れしない、美しい音楽)と評し、「スティーヴンスンは繰り返し聴かれるに値する」と記事にしました。

最近では、シカゴ交響楽団のバス・トロンボーン奏者チャールズ・ヴァーノン(Charles Vernon)から新しい協奏曲の作曲を依頼され、この作品はシカゴ響の2018/2019シーズンにリッカルド・ムーティの指揮で演奏されます。

2つ目のバス・トロンボーン協奏曲はセントルイス交響楽団(St. Louis Symphony)とジェリー・パガーノ(Gerry Pagano)によって2017-2018シーズンに初演されます。

吹奏楽では、アメリカ海兵隊バンド(”The President’s Own” United States Marine Band)が交響曲を委嘱。2016年のミッドウェストクリニックで初演されます。

また、若い聴衆向けの教育とエンターテインメントをブレンドしたスティーヴンスンの教育プログラムである「Compose Yourself!」は2002年の創設以来300回以上実施され、ニュージーランド、カナダ、全米の子供たちが参加しています。

スティーヴンスンはアレンジャー、指揮者でもあり、彼は常に多忙なスケジュールに追われています。

アレンジ作品はボストン・ポップス、シンシナティ・ポップス、ニューヨーク・ポップスといった主要オーケストラによって演奏または録音されています。

ボーズマン、チャールストン、フォート・マイヤーズ、モデスト、ワイオミングのオーケストラの指揮台に立ち、また多くの吹奏楽団の指揮も行っています。

彼のイリノイの自宅近くにあったレイクフォレスト・シンフォニー(Lake Forest Symphony)では、指揮者としてだけでなく、6年間コンポーザー・イン・レジデンスを務めました。

2016年にはチャタヌーガ・シンフォニーの指揮者として初公演を行います。


以上、彼のバイオをまとめてみました。

吹奏楽や管打楽器関係の今後の予定としては、

「ピッコロ・トランペット協奏曲(Concerto for piccolo trumpet and wind ensemble)」が11月8日にインディアナ・ウェスレヤン大学(Indiana Wesleyan University)、ソリスト:ジョシュア・ゲンガー(Joshua Ganger)、マイケル・フラニゲン(Michael Flanigan)の指揮で初演されます。

「there are no words」は下記の複数の公演を控えています。

2016年
9月22日:アリゾナ大学ウィンド・アンサンブル(University of Arizona Wind Ensemble) 指揮:チャド・ニコルソン(Chad Nicholson)
11月19日:ワシントン州立大学ウィンド・アンサンブル(Washington State University Wind Ensemble) 指揮:ダン・ファム(Dan Pham)(Western International Band Clinicにて)
12月15日:パルメット・コンサート・バンド(Palmetto Concert Band) 指揮:スコット・ワイス(Scott Weiss)(ミッドウェスト・クリニックにて)
2017年
3月9日:ケネソー州立大学(Kennesaw State University)

「トランペット協奏曲第2番『レクストリーム』(Concerto #2 “Rextreme” for trumpet/wind ensemble)」が12月15日、ミッドウェスト・クリニックにてパルメット・コンサート・バンド(Palmetto Concert Band)、指揮:スコット・ワイス(Scott Weiss)で演奏されます。

また上記のバイオにもありましたが、ミッドウェストクリニックでアメリカ海兵隊バンド委嘱の「交響曲第2番『ヴォイシズ』(Symphony #2 (‘Voices’) )」の初演があります。

その他の情報としては、

・ルーテル教会の500周年記念の委嘱作品:カーテージ大学(Carthage College)と指揮者ジム・リプリー(Jim Ripley)率いる30のバンドの共同委嘱

・Vast and Curious(ソロ・フレンチ・ホルンとチューバ、吹奏楽)の録音:ニューヨーク州立大学フリドーニア、指揮者:ポーラ・ホルコム(Paula Holcomb)、独奏:ゲイル・ウィリアムズ(Gail Williams),ダニエル・ペラントーニ(Daniel Perantoni)

・The Storyteller(ソロ・トランペットと吹奏楽)の録音:ミシガン州立大学吹奏楽団、指揮者:マイケル・ヘイスコック(Michael Haithcock)、独奏:ビル・キャンベル(Bill Campbell)

・The Devil’s Tale – sequel to Stravinsky’s L’histoire du soldatの各地での演奏:
2016年10月:ワイオミング大学
2016年10月30日:ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団(The Royal Liverpool Philharmonic)ヨーロッパ初演
2016年12月:スペインで初演
2017年3月8日:ケネソー州立大学(Kennesaw State University)

が控えています。


簡単なバイオと最新情報は以上。アメリカ海兵隊バンドが委嘱するあたり、キテるな!って感じがしますよね。

せっかくなので色々な作品をYou Tubeで探してみましたので聴いてみてください。要注目ですよ!

American Fanfare

there are no words

TRUMPET CONCERTO NO. 1

It’s About Time

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る
LinkedIn にシェア